05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

塾の先生を続けられたきっかけ

2014.05.15 (Thu)

こんばんは

今日は水曜日

雨が降ってます。

そう言えば5月ですからもうじき梅雨がやってきますね。
暑いのも嫌ですが、昨日は今年初めて冷房を入れて寝ました。
もうそういう時期なんですね。

授業の方は欠席が1人。

この子は長期休み(GWや盆・正月)の後に少し休む傾向がある。GWあけちょうど一週間。次に休んだら電話しましょう。

さて昨日の続き。

塾の先生になったのが1991年の2月

出勤が2時位だったので(夜は遅かったですけど)大学時代から慣れ親しんだ時間帯でしたから問題はなし。
ただ人前で授業するってのはなかなか大変でした。
それ以上に大変だったのが学力(笑)。
大学時代にファストフードのバイトに明け暮れている間に高校時代に頑張った知識がほぼ飛んでいて、得意な数学だけ何とかなっていたぐらいでした。
しかし塾の先生になった時から理数の主任を任命され(笑)、一から勉強することになりました。

数学はそれほど苦労しませんでした。ただ理科です。明けても暮れても理科の勉強ばかりしていました。
苦労したのがやはり物理分野。
高校の理科選択は理科Ⅰと生物でしたので物理は下手すりゃ中学以来だったのです。

ある意味受験勉強以上に勉強しました。
今でもその時のノートを持っています。

でも一から勉強したのが幸いしてか生徒に教える時に出来が悪い生徒には少し役だっていますけど。

それでも、最初はそれほど出来ないんですよね。

ある日一人の女子生徒が来て、理科の質問をしに来ました。
今でも覚えています。圧力の問題でした。
今なら問題なく解けます。でも当時は解けませんでした(恥)。

数分待っていた生徒は「いいです、●●先生に訊きます」と去っていきました。

いやあ、怒られたなあ塾長に。

そして凹みました。

本当に辞めようと思いました。多分入社して3~4カ月位だったと思います。

それでも辞めなかった。
それはその2つ下の学年に女の子が1人いたんです。
つたない私の授業でした。その間に何人もの生徒が入退塾を繰り返す中、その子は辞めずに卒業までいました。
母子家庭で、でも、頭は良い子でしたが、ほとんどしゃべらない子でした。
この子は授業中じーっと私の方を見ていました。

先程の女の子は私の学力に愛想を尽かしたのに(笑)、逆に新人の私の授業で一所懸命勉強をしようとしている子がいる。

このままでは申し訳ない。母子家庭で塾に通うのは親も大変でしょう。そんな中変な授業は見せられない。


そこからさらに勉強に加速度がつきました。そして「自発的」になりました。


それ以降もたくさんの事件を起こす私ですが(笑)、何とか今までやってこれたのはこの2人の女の子のおかげでしょう。

前者の子は今多分15歳+23年=38歳。後者の子も36歳。

私も年とる筈ですね。

やらかした事件については、たくさんありますから、また今度(笑)。ああ、でも犯罪はしてないですよ(多分…)。
03:03  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2495-4e2f0774

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。