明日から7月 

こんばんは

早いもので今日で6月が終わりです。と言うよりこの記事を書いている段階では7月になってます。

と言うことは、今年も半分終わった訳です。

マッハかよ。

マッハという言葉、マッハ文珠さんとパチンコのマッハシュート以外に思いつきませんけど、何か子供の頃は使いましたね。今の子はなじみが無いでしょうが。

昼頃に電話が鳴り、父兄から。

中1の生徒のお母さんから。いつもは英語をとってない子なんですが(別の塾に行っている)、今回のテストの点が思ったほど良くなく、また間違いの質があまり良くないのでうちの塾に変えるという電話。

その後銀行へ行って払いものを済ませる。

何とかギリギリセーフ。

で、塾に来て、しばらくすると来客が。
経済センサスなる調査の依頼。
自営を始めて、これ書いたの何回目かなあ。なんだかんだで十年やってると何回も書いた気がする。
実際は数年に一度なんでしょうか?

そして夕方欠席の電話。

授業の時間は中1の生徒に以下のようなありがたいお話しを。

「つい最近受けた自分のテストの点を覚えていないのは悪い点を忘れたい現実逃避の人間か、自分にすら興味が無い大バカ者だ。中1の初めてのテストの点はせめて英数だけでも一生覚えているものだ」と。

その話の中で、長年うちの塾の前にあった大手の塾。というより私が前にいた塾が、移転したと聞いた。
人数が増えたかららしい。景気の良い話で結構だが、私も7年間に渡って半日近く毎日過ごした教室がも抜けの殻になるのはさみしいな、と。
思い起こせば17年前。1997年だか8年だかのGW明けの5月に入社して、数カ月で室長として配属になり、本当にいろんなことを過ごした場所です。
遅くなった時は教室にマットしいて寝たことも多々あります。あおの7年間のうち6年は煙草を吸っていたので、教室からでて熊のように煙草を吸いながらうろうろしながら色々考え事をしていた外に面した通路。私が配属してすぐに張った張り紙。壁に開いた穴。古いタイプのエアコン。様々なことが思い出されます。
独立してからは一度も敷地にすら行っていませんが、生徒に教えられてあわてて窓越しに見たら確かに以前の塾のあった場所は明りも無く真っ暗でした。

私の23年の塾生活の7年を過ごした教室よ、ありがとう。さようなら。でもこれで思い入れも無くなったので完全に他所の塾になりました。

うちの塾もいつまで続く、ですが。そう考えるとこの区画で一番古い塾がうちになっちゃった(汗)。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2524-c589faae