昭和ナイト パチンコ編1 

こんばんは

今日は週明け月曜日

塾に行く前に月末の払いを済ませる。

思えばもうすぐ10月。今年も四分の三が終わりますね。早いなあ。

塾について下でガレージを借りている建設会社の人と世間話。

塾に行ってしばらくすると珍しく?入塾の問い合わせ電話。
面談まで行けなかったので望み薄か?

そのあと、びっくりする来客が。

今年の3月に卒業した生徒ですが、実は公立高校不合格になった生徒が突然訪ねてきたのです。
内容は部活動などの話だったのですが、本当にうれしかったです。

長いこと塾の先生をやっていると高校や大学、就職してから卒塾生の訪問を受けることは割とあります。ありがたいことです。でも不合格になった生徒はやはり敷居が高いはずですし、逆に私のほうも合格した生徒より不合格した生徒のことを覚えているものです。

また所要で明日来る予定です。

珍しく塾らしい日だったな、と(珍しくちゃダメですが:汗)。


さて先週から始まった昭和ナイト。
今日は昭和のパチンコについて考えます。

今のパチンコ屋さんと当時のパチンコ屋さんとの違いは結構あります。
まずは外観
昭和はネオンぎらぎら  今は割とあっさりで電光掲示板+外壁で原色多い感じがします(私見ですよ)。

で入り口
昔、両開きの手押しガラス扉  今はほとんど自動ドア

内装
昔、床は木製、ワックス  今はタイル

椅子
昔、下にキャスターのついた背もたれの低い丸っぽい椅子  今は固定式でいい背もたれ付

計数器
昔、カウンターに1~2台設置   今はシマの端に数台設置

インジケーター
昔、なし。せいぜい台ごとに打ち止めや前日打ち止めプレート。平成の前後でデジパチや一発台の台の上にスタート札を回数分指したり、卓球の得点版みたいなめくるタイプの回数表示がある程度でした。  それが今ではものすごい情報の詰まった回数表示です。

で、トイレ
昔、和式便所  今は自動便座+ウォシュレット

私がパチンコ始めて30年になりますが、ピーク時は大学時代ですかね。
最近はほとんど行けなくなりました。

だってマックスとか引けませんし(笑)、出玉なしの突確ひいて出玉なしのはずれ当たりをひいて、インジケーター上では二回当たってるのに出玉ゼロとか(涙)。あれは心折れたなあ(遠い目)。

何より使うお金の単位が違います。



今日はとっておきの動画を。私はこれを見つけて何回も見ました。

https://www.youtube.com/watch?v=rur5k3BCSI8

外国の日本紹介の画像なんでしょう、少し怪しげな感じですが、私のパチンコを打ち始めたころの店の様子がうつってます。

続きはまた明日。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2560-e5d5b53a