ネットでなんでも買える時代、ということは 

こんばんは

今日は火曜日

塾に行く前に郵便局へ。

今日は中3の数学のあと、父兄面談が1件。
進路相談ですが、お父さんです。熱心な方で兄弟二人とも面談はほとんどお父さんでした。

2時間弱かかりましたが特に問題はなかったです。生徒の成績以外は・・・(それが一番重要ですが:汗)

今これを書いていると画面の隣上に広告が出てます。
実印が680円~作れる、と。

別に実印はいらないんですが(汗)、こうやって見るとネットでいろんなものが安く帰る時代になった。
僕も日用品や食料品以外結構な数をネットで買ってる。
でも逆にいえば今まで町で買っていたものをネットに頼ってるということになる。

サザエさんを見ていると昔ながらの店が存在していて、実は今は普通にある携帯電話やコンビニ、地デジ用の液晶TVなどが(おそらく意識的に)出てこない。逆に魚屋、八百屋、電気屋など昔はあった店が出てくるのだが、実は私のような田舎に住んでいる人でも魚や野菜はスーパーで買っていて、逆に魚屋や八百屋どこだったか思い出せない。

商店街に行けばあるんだろうけれども。

サザエさんのような日本の風景はじつはかなり減っているのだろう(それはああいう家族も含めて)。
そんな風景を描いたアニメの視聴率が結構高いということは、結構な数の日本人が今はもう減ってしまった、昔の光景を求めているのだろうか…

ちなみに先週の放送で「塾の勧誘電話」がかかってくる件があるのですが、営業電話かける塾はいまだにあるのだろうか…
僕は中小含めて結構な塾にいたけれども手あたり次第営業電話をかける塾にはいたことがない。
でもポスティングしたりチラシの校門配布はしたことありますけどね(結構な頻度で)。
ポスティングもオートロックが増えたので結構むつかしいんだろうなあ、と。

そんなことを考える秋の夜長でした…

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2574-d6eb2411