明日は今年最初で最後のご褒美 

20141220012722655.jpg


こんばんは

今日は金曜日

冬期講習目前です。

テキストを大体作り終え、昨年ミスったテストの発注も済ませました。

明日は二学期最後のお休みです。

実は明日は今年最初でたぶん最後の自分への贅沢の日。

大分には明日某所で落語家の立川談春氏が来て独演会がある。

それを数か月前にCMで見て本能的に注文してしまいました。

落語が小学生のころから大好きで、子供のころはカセットに録音してたくさんの話を覚え、もしボクが集団行動できる人間だったら間違いなく大学時代落研に入っていたであろう私ですが(事実スカウトには来た。たぶん部員不足で、自己紹介欄に落語好きって書いたのを誰かが見たんでしょうが)、こと九州のしかも大分に住んでると有名な落語家さんの話を生で聴くことがない。

一生に一度は大好きだった小さん(先代)や談志、圓楽(先代)を聴いてみたかったと思うものの、今となっては皆亡くなってしまった。

そんな中、東京ではチケットが手に入りにくい落語家で有名な立川流四天王のうちのトップの1人、立川志の輔さんは昨年聴くことが出来た。生で著名な落語家は初めてだったので感激した。
やはり素人の話の旨い人とは全く違う、圧みたいなものを感じた。ちょっとした間や声の大小だけで面白い。弟子の志の輔さんでこれなら談志さんを生で聴いていたらどえらいことになっただろうなあ(もちろんTVやラジオCDでなら何度も聴いたし、CD持ってる)。

そして四天王のもう一人、これも東京ではチケットがとりにくい落語家で有名な立川談春の独演会。もうおそらく一生聞けないだろう独演会に明日行ってきます。

大分で立川流の二人を二年連続で聴けるなんて幸せだ。

今晩眠れるかなあ…

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2608-2adefab2