09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

昭和ナイト 音楽編「70~80年代の100曲」⑪

2015.01.14 (Wed)

こんばんは

昨日は成人の日でしたね。

私が成人の時は1月15日固定でしたが今は連休になるように月曜になってますから毎年日付が変わります。

あちこちで振袖、スーツを着た若者が見られたんでしょうね(私は外に出ないのでわからない)。

でも私の成人式はお盆でした。というのも、実家付近は当時から過疎地でしたから、正月明けの15日では人が集まらないということで、比較的若者が帰省していて日付が同じということで8月15日にやってました。

ですから振袖着てる人記憶にないです(だって暑そうだし)。そのあと居酒屋に行くってのは今も同じでしょうかね。

今日は中3の実質3学期最初の授業。
でも今週末から早いところは入試が始まります。

いよいよこの季節の始まりです。

さて今日はいつもの企画の今年一発目です。
昭和の音楽に興味のある方は後半で。

More・・・

いわゆる昭和の名曲といえば、年末年始に番組もありましたし、どこをもって昭和の歌謡曲のスタートとするのかで選曲される100曲は違うんでしょう。戦後すぐなら美空ひばりが入らない100曲など意味がないでしょうし、高度経済成長期なら御三家などの曲が入るでしょう。しかし私がリアルタイムで経験していない曲はどうしても感情の移入が薄くなります。

せっかく自分で、自分の100曲を決めようとした企画なので、自分が一番感化された時代、70年代後半(小5.6)から80年度まで(大学生まで)。
それは昭和の64年のうち後半の十数年にあたります。さらにはこの時代はいわゆるフォークソングの流れが薄れ、より広範なニューミュージックというジャンルに変わる時期でもあります。ですから私の100曲はすべてこの期間のものとしています。

ニューミュージックの代表的な歌手はオフコース、チューリップ、松任谷由実、中島みゆき、松山千春、アリス、さだまさしなどなど。
ただこのようなジャンル分けは個人的に大して意味があることとは思えません。

当時は演歌もロックもニューミュージックもそして外国の音楽も活発にさまざまなメディアから流れていました。

今日ご紹介するのは高校時代に初めて聴いた曲です。昭和57年あたりで、知り合いからもらったカセットテープから始まります。

正確な学年を忘れたので調べたらどうやら昭和59年発売のアルバムでした。

安部恭弘  MODERATO  1984.3.1

P1001058.jpg


このアルバムの中の曲「トパーズ色の月」はまさに絶品。
松本隆さんの詩はやはり素晴らしい。
そしてバラードらしいしっとりとした曲。で、甘い歌声。

当時の恋人たちの今思えば少し気障な行動の一つ一つがでもとても大切な恋愛の儀式だったと思えてなりません。
時代はバブル真っ盛り。

おしゃれな若者たちが繰り広げる恋愛ドラマは歌にもドラマにも反映されました。

この時代の曲はおそらくたくさんこの後このブログで紹介されると思います。


まあ、私がなんかいうよりも今すぐ動画サイトで「トパーズ色の月」を聴いてみてください。

ちなみにこのアルバムとこの前のアルバム「HOLD ME TIGHT」とこの「MODELATO」は好きな曲がたくさんあります。
とりあえずレンタルCDからでも味わっていただければ、と。
02:11  |  70~80年代の100曲  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2612-b8c482d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。