受験は家族で頑張るべし 

こんばんは


今日は木曜日

風呂に入り銀行経由で塾へ

雨がぱらつく感じ。夕方早めに生徒が学校帰りに自習に来る。

で、しばらくしてその子のお母さんが夕食(というか軽食)を届けに来る。

ここまで来たらお母さんも大変です。

授業が終わったころ、別のお母さんが成績表を取りに来る。来たついでにお話を。

聞けば、生徒から先日の私立の前期試験の点数を教えてもらってない。

大学受験はともかく、高校受験は家族で取り組まないと意味がない、というのが私の持論です。

さまざまなものを共有するからこそ意味がある。

もちろん感受性の強いお年頃、大人に対して一筋縄ではいかないでしょう。

私たちはその橋渡しはできますが、家庭に入り込むことはできません。


さて、週が明ければ私立の入試、というかもう2月です。

1月(行く)2月(逃げる)3月(去る)とはよく言ったものです。

時間の速さだけが際立ちます。

ああ、確定申告…(涙)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2620-e0a5ad58