05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

この理屈が今の日本なのか?

2015.06.06 (Sat)

こんばんは

梅雨入りして初めて本格的な降り。
傘があっても大して変わらないくらいでした。

週末金曜日。

親戚の甥っ子が突然入院したとかで医大病院へ見舞い。

ただいま増築中で駐車場から入り口まで土砂降りの中とぼとぼ。

入り口に花屋があるものの最近は細菌を恐れて(洒落じゃないです)お見舞いの花の持ち込みがダメな場合があるとか。
TVはあるものの見るのにカードをかったり、世の中の時代の流れとはいうもののなんかついていけてない。

肝心のお見舞いは神経系の痛みらしく退院も近いとかで何より。

年が近く小さいころから仲良くしてましたから本当に安心しました。


ついていけないといえば、この前のヤフーの記事。
>学校でドッジボールは禁止すべき? コラムニストの提言に賛否

小学校の体育や昼休みの定番「ドッジボール」について危険視する議論が、Twitter上で盛り上がっています。発端となったのは、作家・コラムニストの勝部元気さんによるツイート。

【「ドッジボールは野蛮なスポーツ」という意見】

 勝部さんは、Twitterで「ドッジボールを学校でやらせるのを早く禁止するべき。他人にボールをぶつける野蛮なスポーツであり、イジメにも繋がりやすいことを考えれば、義務教育で全員参加させるべきではない。」と投稿。

 さらに、「暴力性が強く、運動が苦手な人は恐怖心に苛まされるし、イジメに繋がることも多いし、実際に加害精神で相手にボールをぶつける人も多く、子供の心に大きな傷を与えるもの」と指摘していました。

 これらのツイートに対しては、「子どものときにそう思っていました」「私もだいっきらいでした」「なぜ痛い思いをしないといけないのかと思っていた」と、小学生時代を思い出し、嫌な思いをしてきたという人から賛同する声が多数集まりました。

 賛同する声も多くあがっている一方、この意見に反対する声も多数あがっています。ほかのスポーツと比較してメリットもあるという意見、困難や理不尽を乗り越えるために工夫する必要性を説く意見、いじめとドッジボールをつなげることへの違和感など、議論は多岐にわたっているようです。

記事の一部抜粋。

ドッジボールはどうでもいいのですが、嫌なものは禁止ってのがやばい。
いじめにつながるなどともっともらしいことを言ってますが、いじめるやつはドッジボールじゃなくったって関係ない。縄跳びだって、給食だって隙間を見つけていじめるんだから。いじめを理由にドッジボール禁止なら体育、給食、学校生活まで禁止するしかない。
かくれんぼだっていじめようと思えばいじめられる。嫌な奴が隠れたら、みんなシカトして帰ればいい。

昔々とは言いたくないが、昔はかくれんぼでも年下の子は「みそっかす(地域によって呼び方が違う)」として足手まといでも一緒に遊んでいたものです。遊びでいじめるなんてのは無粋でした。
私は嫌いでも体育好きな人は多い。自分の好きなモノを使っていじめるなんてやつはドッジを禁止しても別のでいじめる。

いじめる側を何とかしようとせずに、いじめにつながるツールを排除するのはいたちごっこでしかないし、意味がない。

私的にはドッジボールが嫌い→禁止って理屈は、左翼(右翼)がうざい→排除、ニンジンが嫌い→カレーから排除ってのと変わらない。

体育嫌いな私が見てもこれは暴論に見える。

でもこの手の話をする人は議題だけふっておいて、都合が悪くなると「議論をするのが目的」とかいっていずれ消えるんじゃないか、と。

こういう意見が少数派ならまだしも、暗雲が立ち込めてきたかもな、と。

まあ首相が野次飛ばして与野議員は酔っぱらってニュースになる(路チューや泥酔でお偉いさんから禁酒と言われる)国ですからさもありなんか…
01:08  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

ドッジボールの否定は危険な発想ですね。

勉強が出来る人、スポーツが出来る人・・・何事においても、スペシャリストは「他の人に負けない優越感」がその筋を極める原動力になっていると思います。

優劣が付くから優越感を感じるわけで、もちろんそれに伴い劣等感を持つ人もいます。

得手不得手は個々人が生まれながらにして持っているものであり、無くなるモノではありません。なので何事においても優劣が付いてしまうのは仕方がないのです。

それを踏まえた上で、子供の得意なモノを伸ばし、苦手なモノを克服させるのが教育であるべき姿なんじゃないかと思いますけどねぇ。。。

暴論には暴論返し・・・このツイートに対して「これを読んで多数の人の血圧が上がり、脳血管障害等の発生率の増加が危惧されている。健康を害する野蛮なツイートは直ちにアカウントを停止すべきだ」と言われたらどう反論するのかが知りたいところです(笑)
nob |  2015.06.06(土) 09:19 | URL |  【編集】

nobさんへ

>ドッジボールの否定は危険な発想
本当にそう思います。「危険」ですね。

「野蛮」だから禁止、というのは某国の日本へのクジラやイルカ禁止の圧力の理屈と同じです。揚句にいじめに使われるから、とか。

>暴論には暴論
この手の短絡的な議論が多すぎますね、最近。違う人の意見をも抹殺してしまうようで、なんだか逆に意味で北T鮮みたいです。
ほりまさ |  2015.06.08(月) 20:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2662-d24b99c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。