03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

社会の勉強

2015.07.16 (Thu)

こんばんは

今日は水曜日。
夏期講習のテキストを作る。中3生の分は何とかできました。

ただ公民や地理などのデータが年々古くなるのでそれの差し替えが面倒くさいです。

データと言えばたとえば衆院選挙の定数。480人で覚えていたらいつの間にか475人になってました(小選挙区295、比例180)世間の議員への風当たりか、5人減ってました。まあこの程度でどうかって話ですが。

それはそうと参院議員の選挙の方が深刻で、なんでも1票の格差を是正するために調節していたらどうしても人口の少ない県を合併して1人にしないと格差が収まらないことになったそうで、具体的には島根+鳥取、徳島+高知それぞれ合わせて1人ずつらしい。この自民案に対して人口の少ない県知事は猛反発したらしい。というかこれをやっても格差は3倍弱にしかならない。
要は一番少ない県で1人とってそれに合わせて全国に振り分けると定員を超えるわけですな。

暇な私はいったいどのくらい定員が足りないのか調べました(笑)。

まずはネットで人口のできるだけ最新のものを検索する。
案の定一番多いのは東京で約1338万人(日本の約十分の一強が東京に住んでるのです。東京っていろんないみで凄いね)
で、一番少ないのが鳥取で約57万人。
さて鳥取県を最低1人とすると、東京は約23倍なので23人必要になる。

暇な私は(苦笑)、全県でいったい何人づつ必要かを計算した(もちろんエクセルで)。

一人区が、鳥取、島根、高知、徳島、福井、佐賀、山梨で、二人区が16県(和歌山、香川など。ちなみに我が大分もここになる)
三人区が7県(鹿児島、栃木など)、四人区は4県(宮城、新潟など)、五人区が3県(京都、広島、茨城)、六人区が静岡のみ、九人区が福岡、北海道、十人区が兵庫のみ、十一人区が千葉のみ、十三人区が埼玉と愛知、十五人区が大阪のみ、16人区が神奈川のみ、そして東京が23人区。

さて、これをすべて足すと・・・221人になります。要は定員が221人なら全く無問題。ところが、現在の参院議員の定数は(半数ごとの改選なので、1回分は総定員の半分になります)121人。さらに、比例代表の分を引くと、つまり選挙区選の定員は・・・


73人…

倍にしても200人にも届かない。

よってこれを無理やり定員である73人に当てはめると東京は7.7人(小数には意味がある)
で、鳥取県は0.3人になってしまいます(四捨五入すると0人なのです:汗)
さらには我が大分県も0.7人区!

いやそれどころか、1人区を超えるのは日本の約半分の24都道府県しかありません。

ここでわれわれ日本人はいくつかの点で決断しなければいけません。

1、1票の格差は無視(まあなるべく少ない方向で)→これは東京が損をする形になりますし、へたすれば憲法違反です。
2、定員を人口比に合わせる→これをやると国会議員の数が増えます。しかも約3倍に。
2の妥協策、比例代表制をなくす。それでも121人しかありませんけど。(小数政党などが文句を言うでしょうし、死票が増えます)
3、今検討されている合区を飲む→ただ今後都会への集中が進めばもっとえげつない合区になるかもしれません。ってか多分なります。
4、超裏技、人口の少ない県は3年ごとの改選を交互にやる。最初はA県、次はB県とか。こうすると最低1人は自県から保証されます。
5、逆に選挙区制を撤廃し全部比例代表制にする。(無所属の立候補が出来ませんけど。でもこれでも足りないんですけどね)


どうでしょう?でもどれかを選択しなければいけません。要は1票の格差を平等にしつつ、各県最低一人保証して、なおかつ議員数を削減するってのは小学生の算数レベルで不可能だ、ということですね。

都会への集中を容認し続けた結果がこうなるのです。
ちなみに人口の少ない県の知事も罪がないわけではありません。ほとんどの件で県庁所在地などの都会へ人口が集中していて過疎化が進んだところは限界集落になっています。要は国政と同じ問題が各県のあちこちでおこっているんですから。

っていうかケンミンショーなる番組を見てると、同じ県でも仲が悪い地域があるようですから(江戸時代などの名残?)、県で1人とくくる時代でもないのかもしれません。

てか、暇だな俺(涙)。
02:58  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2680-70f02568

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。