05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

福山さんの結婚と10.19

2015.09.28 (Mon)

こんばんは

今日は週明け月曜日

父兄から自習に関しての問い合わせの電話が1件

小学生の授業のあと、中2の授業。
一人だけ今週中間テストの子がいるので、バイトの先生にやりっぱなしにならないように注意する。
中2は中間テストを落とすと期末の復活が難しいのです。
なぜなら、期末の直前に修学旅行があるからです。
日程がやばい時は旅行から帰ってすぐ期末になるので、どえらく点数が下がることがありますから。
なので、ちょい不安が残ってます。

さて塾に来てPCつけてヤフーのニュースをみてビックリ。
独身男性の希望(苦笑)、イケメン歌手の福山雅治さんの結婚。

そうかあ、そうだろうなあ。

で、お相手が女優の吹石一恵さん。

この女優さんにはほとんど思い入れは無いんですが、どうかお幸せに!

女優さんに思い入れはなくてもこの方のお父さんは良く知っていて、その方のお子さんが女優さんになったということを知っていた。

吹石徳一さん

小学生の頃からパリーグは猛烈な近鉄ファンの私にとって吹石さんは重要な内野手でした。

近鉄バッファローズ

その球団は私が小学生の時、弱小球団から西本監督により二連覇したころで、とても魅力的なチームでした。とはいえTVでは巨人戦しか放送が無い時代。野球雑誌(週刊ベースボール)や夜のスポーツニュースで見る程度でしたが、勝てばうれしく負ければやっぱりなあ、という感じで生活の一部でした。

第一のピーク。西本監督時代。このうち最初の79年は江夏の21球で知られた年です。

そしてそれからしばらく低迷の時期に入ります。関口監督、岡本監督と続くもパッとせず、ついにあの監督がやってきます。

仰木監督

常勝西武と最後までもつれ、伝説の10.19を経て敗れ去ります。
あの試合の日はよく覚えています。
というのも当時大学生の私はその日バイトで某ファストフードで働いていました。
夜の6時からバイトに入り30分の休憩時(確か9時頃だったと思います)、近所のコンビニに飲み物を買いに行くと店内放送でラジオをやっていて、コーヒーを買いに行ったのにそこから出られなくて結局店内で休憩時間を過ごしたんです。
後にTVなどで映像を見て予想以上にすごかったんだな、と。
で、翌年、西武を倒して優勝しました。(ちなみにこの時の相手が巨人で、わが軍の加藤哲郎さんの発言もあり?3連勝のあと4連敗をやらかします)
次の年にあの野茂英雄さんが入団しますが優勝には恵まれず、鈴木啓示監督とそりが合わず後に大リーグへ行きます。

次の優勝は2001年。この年は対オリックス戦でプロ野球史上初で(多分もう出ないでしょう)代打北川が「釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打」で優勝します。で、今度こそはと臨んだ日本シリーズでは若松ヤクルトにほぼ何もできずに惨敗。

近鉄バファローズは敗北の似合う球団なのです。でもどの球団の敗北よりも記憶に残る。
江夏の21球
10・19、翌年の優勝(ブライアントの4連発)、そして巨人に3連勝後の4連敗
そして釣銭無しの代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打

巨人のように優勝回数は多くないものの、優勝に関するほとんどが球史に残っている、しかも「主に負けた方側」として残っている。

よりによって近鉄というチームのファンになったばっかりに日本一の夢は叶いませんでしたが、でも今でも上記のエピソードは簡単に動画でも記事でも見ることが出来るし、時折今でも特集番組がある。
近鉄は最期、よくある球団買収という形ではなく、吸収という形でなくなってしまう。これもまた近鉄らしい。

マニエル、ブライアント、ローズと優良外人が多く存在し、野茂、吉井、岩隈など大リーグにいって活躍している選手もほかの球団と比較しても多い。まあ大麻不法所持で逮捕された外人(デービス)や家にゴキブリが出たりしてホームシックになって速攻帰った外人もいましたけどね(ドン・マネー):汗。

吹石さん

この名前を聞いて近鉄を一番に思い出しました。

ああ、福山さんと吹石さん、お幸せに!
23:29  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

福山さんの結婚相手って吹石選手の娘さんだったんですね!

近鉄と言えば・・・近鉄が無くなる年のほぼ最後に大阪ドームに試合を見に行きました。

「燃えろ~燃えろ燃~えろ!近鉄バッファローズ♪」のフレーズがもう聞けないのは悲しいです。

藤井寺球場が家から近かったので、野茂の登板試合を見に行ったこともあります。トイレに行っている間にトレーバーがホームラン打っていて、ホームランシーンが見れずにガッカリしたことを覚えています。
nob |  2015.09.30(水) 23:02 | URL |  【編集】

nobさんへ

>大阪ドーム
当時のパリーグはまだセリーグより人気が無くて、そんな中大阪ドームを本拠地とすると聞いてうれしい反面大丈夫かいな?と思ったものです。
それまでは日生、藤井寺、大阪球場あたりの球場が本拠地でしたし。

>野茂の登板
いいなあ、当時から夜の仕事で北九州の球場でデーゲームがめったになかったのでプロ野球観戦出来なかったのが、残念です。
でも野茂のくじを引き当てた時はすごく興奮しました。
まあ福留には振られましたけどね(涙)。

>トレーバー
いましたね。乱闘がよくテレビに出ますがそこそこ良い活躍をしました。
外にもリベラやオグリビーなど助っ人には恵まれた球団です。まあ外れも相当ありますが(汗)。
ほりまさ |  2015.10.01(木) 23:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2698-4dd6e22e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。