05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

魚屋の不祥事をかばうのは魚屋か、八百屋か

2016.01.23 (Sat)

こんばんは

タイトルは比喩です。
なんか賢く見えそうだったので(勘違い)。

今週は寒かったですね。
東京ほどじゃなかったですが、こちらでも先日雪が降りました。
実家では積もったようですが、こちらではちらちら程度でした。

今週は何かとハードな週だったのでブログ更新をさぼりがちでした。

さて表題の話。

先週から今週にかけて政治、経済、芸能と結構な事件が連発で起きましたね。
政治では大臣のお金の問題。あの方は新自由クラブ出身です。新自由クラブといえば当時の田中自民党の金権政治に反発して田川誠一さんや河野洋平さんなどが起こした政党で、最初はそこそこ勢いがありましたが結局解党しほとんどの議員が自民へいき(戻り)ました。そんな方の数名がお金の問題で引っかかってるのはなんだかなあ、という感じですが、まさかあの大してうまくもない歌でマイナンバーカードをプッシュする根性(悪く言えば痛さ)をお持ちの甘利大臣が引っかかるとは。

っていうかいまどき水戸黄門の悪代官よろしくお菓子と封筒に入った現金を受け取るというのもすごいです。確かに100万はでかいですが、それは私にとってでかいのであって国会議員の方にとっての100万は重さが違うと思うんですがねえ…
そうかと思うと某お笑い芸人なみの下着泥棒疑惑をかけられた大臣もおります。
この総理の時は第一次政権の時もばんそうこう大臣や事務所費用疑惑のあった大臣もおります。変なことで躓くのは変わっておりませんね。先日はお金の問題で追求されそうになった大臣の秘書?がPCのハードを破壊するなんという、浮気の見つかった亭主が証拠のスマホをその場で壊すみたいな荒業のあった方もおりました。

また格安スキーツアーでの事故もありました。亡くなった方やご遺族は本当にご無念だと思います。
やはり「格安」にはそれなりのリスクは伴うのでしょうか。
不思議なのはこういう大きな事故が起こると同様の事故が連発するんですよね。まあ報道する側のチョイスの問題かもしれませんが。

あと消費期限(賞味?)がきれた食品の廃棄を頼んだ会社がそれを格安で別の会社に転売し、その会社が正規の商品として小売店に売っていたという問題。最初は大手カレーのチェーン店のカツだけだったのに、出るわ出るわ、みそ、まぐろ、からあげと超有名会社、コンビニの食品のものが倉庫から見つかったと。
驚いたのは朝の番組の司会者が「もったいないなあ、よその国では餓死者がいるのに」みたいな話でやや再転売を正当化できるような(もちろんそんなつもりではないでしょうが)話をしていたことです(もちろん番組は見ていません。ネットのニュースです)。
これは悪質な論理のすり替えです。だって「廃棄する食品」が「食べられるかどうか」は別問題でしょう。
腐っている食品の廃棄を頼んだかもしれない。
異物混入での廃棄かもしれない。
体に悪い物質が入っていたから廃棄するのかもしれない。

まだ食べられるのにもったいない、というメンタリティ―と、してはいけないことをしている事実、を一緒に議論することが正しいとは思えません。

そして一番驚いたのは芸能。
先日更新したSMAP問題が一応終息したようですが、これでわかったのが、芸能事務所というのは1にファンで、2にタレント、3が会社だと思っていたのに、実際は1が会社だった(正確にはメンツ)ということでしょうか。まあ独立しようというのは一種のクーデターだともとれますが、そこまで怒るかねえ、しかも一時はファンの願いも届かないような展開でしたから。っていうか一般人の私にとってはちょっと気持ち悪い(苦笑)。

そして今日の表題のことですが、ベッキーさんの不倫疑惑事件です。

ベッキーさんのファンでもアンチでもなく、なおかつお相手のバンドのファンでもアンチでもない私にとっては事件自体には興味がありません。(ちなみに甘利大臣がマイナンバーの時に歌っていた歌がこのバンドだと「昨日」知りました!ある意味二重の意味で縁起が悪い:汗)

問題は今回の事件のあとの芸能人のリアクション。
擁護するもの、批判するもの、まあ色々ですが、擁護の意見で結構見たのが
「ベッキーは良い子だから今回だけは許してあげてほしい」という反応。
これは結構やばい意見ですね。
良い子だから勘弁することの同義語は悪い子だったら勘弁しないということです。
それはひとつの不祥事や(今回は違いますが)犯罪で人柄によって結果が変わるということです。

私のような未熟で世間の狭い人間でも、人間というものは「良い人」でも罪を犯したり、「悪い人」でも良いことをすることを知っています。

同業者が、ましてや仕事仲間だから「かばうこと」が果たしてその人のためになるのかなあ、と。ましてやそのかばう理由が「良い子」かどうか…

表題の「魚屋」がベッキーさんであるとして、その同業者(知り合いの魚屋)が、積極的にかばうことが利益になるのか?それとも「八百屋(異業種、あるいは私たち)」の評価にまかせ、黙っている方が当事者の魚屋さんのためなのか。

今回の件でベッキーさん、男性、奥さん、それぞれのファン、誰も幸せになっていない気がして切ないです。

SMAPの件もそうですが「かばうべき人」がそうせず、関係ない人が余計なことをいうことで、深みにはまっていく気がします。
00:17  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2739-84afc99c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。