05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

さぼっている間に・・・

2016.02.10 (Wed)

こんばんは

いや~相当さぼりましたね。
確定申告作業も大して進まず、心浮きたつこともないまま1月が終わってしまいました。
暗澹たる気分の中、昨日だったか体験の申し込み電話が入りました。まあ一つくらい良いことないとね。

塾の方は私立の試験が終わり(結果は今週)、昨日今日と公立の推薦入試が行われました。

結果は明日らしいです。

インフルエンザも流行の兆しがあり、この辺は例年と変わりません。

さて早いもので今年も1年の12分の1が終わりました。

さぼっている間にも世間では様々なことが起こってます。

何より驚いたのは(ある意味では驚かなかったけれども)清原の逮捕ですかね。

年齢も1歳違いですから、私たちの甲子園の話といえばPLが必ず出てきます。
今は大阪の強豪といえば大阪桐蔭などですが、当時は大阪に限らず全国の中で競合は?といえば真っ先に出てきた学校がPLでした。
栄枯盛衰は何にでもありますからPLの現状には驚かないんですが、あの清原が・・・という思いでいっぱいです。

甲子園での活躍だけでなくその後のドラフトの涙、西武での活躍、巨人への移籍、お世辞にも良かったといえない巨人での晩年とオリックスへの移籍と引退。
彼の存在はONとはまた違った意味で際立っていました。

40代の私より若い監督が乱立している現在ですが、当時の私(だけではないはず)は、まさかKKコンビのどちらもが監督どころかコーチ(正式な奴)にもなれないなんて思ってもいませんでした。

おそらくは清原に限ってはプロ野球の監督の目は無くなったでしょう。自業自得とはいえそれは同時にプロ野球にとって大きな損失であると、やはり思います。

プロ野球の中で品行方正だけが正しいとは思いません。
しかし「求められるもの」を提示できなければ社会では生きていけません。

清原がやりたかったことが薬は別としても、あれだったとして、果たして世間が、ファンが「清原に求めた」のがあれだったのかは難しいところです。

ちなみに私は熱狂的な近鉄ファンですから清原には何度も煮え湯を飲まされました。

94年、開幕戦で野茂が先発し9回までリードしていて開幕戦ノーヒットノーラン目前でしたが清原に2塁打を打たれて以後まさかの負けになってしまう。あの年は私が小倉から大分に帰ってきた年で実家にいましたから今でも鮮明に覚えています。正確には試合の最後は良く覚えていませんが、清原に打たれたことの方は覚えています。

清原が巨人に行かなかったら、そもそも巨人が最初から桑田ではなく清原を指名していたら、どれほど運命は変わっていたのでしょう。

残念です。本当に。
00:44  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2743-dae8567d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。