バイトの夢 

こんばんは


今日は水曜日


授業は夜だけの日ですが、夕方昨日の広告の代金の支払いがあるので塾へ。


ところが待てど暮らせど全く来ない。もうじき生徒が来そうなころ、ようやく見たことのない女の子が来ました。


美容の専門学校に広告出しても仕方ないんですが、まあ、これも浮世のお付き合いです…


さて昨日久しぶりに大学時代の夢を見ました。


大学時代は特に3、4年では大学に行かずにバイトと遊びとパチンコばかりの生活でした。

時間給が600円弱なのに月に14万も稼ぐほどでしたから正社員並みに働いてました。先日も書いたようにマクドナルドのバイトが楽しくて。正確にはバイトそのものよりもそこで働く先輩や同級生、後輩との遊びがとても楽しかったんです。

今のように24時間営業ではなかったので、店は夜11時に閉まります。そこから掃除、トレーなどを洗う作業、鉄板をきれいにする作業、油の交換などを1時間~1時間半でやるわけです(これをクローズ、もしくはクローズ作業という)。

夜は女性のバイトは11時までだったので12時を過ぎているのは男ばかり。

で、この作業が終わった後が遊びの時間でした。麻雀、ドライブ、食事、ゲーム(当時ファミコンが全盛期でKという後輩の家に行ってドラクエやグラディウスをよくやってました)をして、そのまま男同士で雑魚寝。そして次の日の夕方にはまたバイト…

本当にダメな大学生の生活です(汗)。

その後就職していくつか会社を移動するわけですが、一番夢に出てくるのはこのマックのバイト先やクルールーム、クローズ後の遊びの風景がダントツで多いのですよ。


昨日も当時の店長、マネージャーにかくれて久しぶりに店に潜り込んで後輩の仕事を手伝う夢でした。


今とは正反対で人と交流することが楽しくて仕方なかった時代でした。今思えば人並みに恋や遊びをしていて今では忘れかけている「デート」などもしました。それが今では立派な引きこもり(汗)。

別に裏切られたとか手痛い目に合ったわけではないのに、どこで変わったかなあ…


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2771-dc24c9fd