07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

甘いんじゃない?

2016.05.26 (Thu)

こんばんは


自分で選んだ人を第三者というのか?

というより知らない利害関係の無い人、少し極論を言えば、その辺を歩いている普通のおじさん、おばさんこそ第三者ではないのか?

言うまでもなく舛添さんの話です。


そもそも政治資金規正法は誰に聞いても(ある議員などは半笑いで)「ザル法」だという。

そのザル法を作ったのはほかならぬ国会議員自身です。

いつぞやも書きましたが泥棒が窃盗罪の内容を決めたり、強姦犯が強姦罪を決めているのと同じです。よって国会議員のみなさんは曰く「ザル」法を変える様子もない。


舛添さんはつい最近まで国会議員でした。つまり立法側の人間でした。つまり(委員会などの専門分野は違うかもしれませんが)「政治資金規正法」にもっとも詳しいはずなのは弁護士よりもまず国会議員であるはずです。


で、自称第三者にあたる人を選任しました。


評論家やマスコミのコメンテーターの多くの人は舛添さんはやめるしかないのではないか?という楽観的な意見を言っていますが、私は結構粘るんではないかと思います。へたすれば任期いっぱいやるんじゃないか、と。

舛添さんは蓄財は充分されたでしょう。あの美術品や本などの行方(所有権)は不明でも、あれだけの別荘もお持ちですし。お年だって年金をもらえる年齢です。よって次に選挙に出る必要もないし、国会議員になる必要もない。どれだけ恥辱にまみれても生きていけるんですよ。あと2年ほどの任期は開き直った人間なら十分耐えられるかもしれない。今後も選挙に色気があれば自民党などを敵に回すのは嫌でしょうけど、もう選挙に出なくていいなら話は別です。違法ではないからということで若干問題あれば謝罪、返金してねばるんじゃないかなあ。


かつて、私が子供の頃、三木おろしということがあった。金権スキャンダルで退陣した田中角栄氏に代わってクリーン三木として三木武夫氏が総理になった。自民党内では最も弱小派閥です。しかし世間の自民への「お金」の悪いイメージは深かった。よって当時の派閥の領袖で一番「お金」にクリーンと思われていたのが三木さんでした。

三木さんは国民からの支持は結構あった(内閣支持率は結構あったと思います)が、自民党内部とりわけ田中派からの反発で公然と総理おろしが始まりました。弱小派閥ですから簡単に退陣すると思われましたが、世論も味方につけて驚異的な粘り腰を見せました。


舛添さんはへたをしたら窮鼠猫を噛むじゃないですが、開き直って世間の支持率なんて無視して「ザル法」であることを良いことに粘り腰を見せるんじゃないか?

だから私は、舛添さんは、私(または世間の人)の想像を超えるほど粘るんじゃないかと思います。

この国とか東京都政とかは彼がいるいないに関係なく最低限は揺るがないでしょうし。


まあ、仮にもう一人の保守候補の田母神さんがえらばれていても似たようなことになっていたので、結構闇は深いですねえ。みんなお金ほしいよね~、やっぱり。でも公金で蓄財するのはダメです!


まあ評論家の皆様の言うようにやめてくれれば溜飲が下がるんですけど、どうなるかなあ・・・

00:46  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2781-dea1d413

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。