09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

精査、第三者に続くキーワード「違法ではありません」

2016.06.07 (Tue)

こんばんは

もう私は生きていくのもめんどくさくなりました。というか60過ぎてああいう生き方をするのが「人生の勝ち組」ならば勝たなくて結構ですとすら思えます。
もちろん舛添都知事の話です。
この人は辞めないだろうとは思いましたが返金以外大した処罰もなく(ってか返金は処罰じゃね~し)。しかも湯河原の別荘は売却すると、でも売却益は当然自分のものでしょう?むしろ買った時より値段上がって儲けたりしてねえ。さらに足が超悪い、自宅では足が延ばせなくて仕事に影響が?みたいな話で、だから週末の度に利用していたのなら売っちゃまずくないですか?大切な健康状態が(皮肉)。
ああやって蓄財されたお金で奥さんの装飾品やお子さんのランドセルが買われているかと思うと本人も嫌じゃないでしょうかねえ。尤も子供には罪はありませんが。

さらには書道や絵画も政治活動になりうるそうで、書道の落款や着る服まで政治活動になりうるのなら、何か自分の特技を伸ばしたい人はぜひ議員や知事になるべきです。公費で「政治活動名目」で特技が伸ばせます。
楽器演奏で政治活動なら家にオーケストラ分の楽器が公費で調達できます。時々要人を呼んで見せれば良いわけで。

この「違法ではないので」というセリフを使う政治家は保守でも革新でも私は全く信用もしないしむしろ国にたかる人という感覚しかありません。まあ大体お金の問題は保守に多いのですが。そういう人は何を守っているのでしょう。「美しい日本」「日本人の美徳」「品格」などと高邁なことを言うけれども、本質的に日本人の美徳は「違法ではないけれどもみっともないからしない」ことを多くの人々が持っていることだったのではないでしょうかね。それを頂点に立つはずの政治家が「違法ではないから大丈夫」ってのは少なくとも発想が「保守」ではないと思います。日本的な良心を守らず何を守るのか?私は右左の思想かぶれではありませんが、文化、精神のすさんだ国に住みたいとは思いません。

さて話を戻して今日の会見
「大変厳しいご指摘」みたいな話でしたが、結局違法性はないから返金で。趣味でも政治にいかされていればOK。どこが厳しいご指摘なのかわかりません。仕事柄一言ご忠告を。親(奥さんも含め)が歪むと子供がそれ以上の道徳や精神性を持ちません。どうかお大事に。


余談)それにしても東京都議団の与党の方々や国会議員の与党の方々はこのままであと二年間平気なんでしょうかねえ。ああ、あとちなみに今日のどさくさでひっそりと現金授受疑惑で病気療養中の甘利前大臣が政務復帰しました。復帰のタイミングの取り方がとても自民党っぽくてああ、そういうことね!って思いました(笑)。
01:01  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2788-bccb7bee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。