乱といえば 

こんばんは

今日は木曜日

ふわっとした一日。

小学生が終わり、中学生の時間になっても生徒が来ない。
テストが終わってたるんだのか

そのあと無事にそろいましたが欠席もちらほら

さて東京都知事選で小池衆議院議員が出馬しましたが自民党への根回しなしで大混乱。曰く「小池の乱」。



でも政治で「乱」といえば「加藤の乱」ですねえ。私的には。

今もお騒がせの森さんが総理の時。
多分ここ30年くらいの総理の支持率で一番低かったのが森さんでした。
メディアによれば支持率一桁も普通にありました。

嫌われたのは失言、暴言、えひめ丸事件など色々ありました。
親分肌の方は良い時は周りに集まりますが、悪くなると引くのが早い。

で、このままではいかんと。

野党の出した不信任案に同調してでも同胞の森おろしを企てたわけですが、そこは党内で武闘派ではない宏池会系。昔から(といっても知ってるのは大平総理以降)ここは単独の闘争に弱い。

結局この加藤さんの乱は失敗し(本会議では欠席)、森総理の不信任案は否決。まあその後森さんはやめるんですが同調した人はしばらく冷や飯を食わされる羽目に。

まあ加藤さんは総理候補だった時期もあるんですがあのあたりの空気は全部小泉さんが持っていきました。

そういえば今回の小池さんも小泉さんに近いはず。郵政解散で刺客として国替えをしたはずです。

ここまでは政界風見鶏でしたが、第二次安倍総理の選挙の際石破さんについてとうとう選択ミス。冷や飯食うなら国政ではなく東京都知事ってことでしょうかね。う~んなんだか栄枯盛衰を地で行くような…

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2806-b6ffc998