威勢の良いこと言えばかっこいいのですか? 

こんばんは

週末金曜日

最近朝夕涼しくなりましたね。

さて最近書くことが不足してまして、なにかこうかなあ?と思いつつヤフーのトップページにこのような記事が。

>「自堕落な生活で人工透析やってる連中なんか全員殺せ」 長谷川豊ブログ・発言が物議

引用は長文になりますから以下のURLでご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000010-jct-soci

私も血糖値が高く薬を飲んでいる身で独身の自営業ですから、自堕落っちゃあ自堕落でしょうし、いつ透析になるかわかりません。

まあこの方は存じ上げなかったんですがフジテレビを「なんやかんや」で辞めた方で今はジャーナリスト?でしょうかね。

別に内容についての是非はありません。言いたいことを大袈裟に、目立つように言ったらこうなったんでしょう。

でも「殺せ」だけはダメでしょう。

うっかりではすみません。

「殺せ」というからには、誰かが「殺す」ことになります。
それは誰でしょう。
この長谷川某氏でしょうか?違いますね。この人はそんな(めんどくさい)ことに興味もないでしょう。もっと言えば(多分)「人工透析自体への興味」もさほどないのでしょう。

そうなると殺すのは医師ということになるのでしょうか?

でも医師が一ジャーナリストの提言で殺人をするわけがない。

ではだれが「殺す」のか?

この某氏は「殺す」ということをきわめて軽く(軽くと言って悪ければ勢いで)使っています。とかく問題のある2ちゃんねるですら、隠語をつかうデリケートな言葉を表のブログで書いてしまう。

威勢の良いことを言えば(書けば)、どのようなメリットがあるのでしょうか。

社会的影響力のある方のブログやツイッターなら特に、ましてや言葉を仕事にしているのなら、表現に気をつけるべきだと思いますが。

最後に、宙ぶらりんに「殺せ」というのなら、他人任せにせず、この発信者自身が「(透析者の)誰か」を「殺して」から言うべきでしょう。

同じ記事でも「放っておく」などの表現ならそうでもないんですが、軽々しく「殺せ」というのがどうも気に入りません。本質的に善良な日本人なら、少々腹が立ってもブログや書面に残さない言葉ですから。

今流行りの炎上商法か?それともアイドルでおなじみの「釣り」なのか?
尤も最近は「釣れますか?」と聞きながら海に落とされるそうだが(苦笑)。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2828-80fafd18