今年はどえらいことが起こりますねえ・・・ 

こんばんは

いやあ、まさかトランプさんが勝つとは思いもしませんでした。

とあるニュースでアメリカ人の若者が、今年の大統領選を「よりよい悪魔を選ぶ選挙」みたいなこと言ってましたが

こうなって見ると予備選で負けたサンダースさんだったら、あるいは共和党候補もトランプさんではなくルビオさんあたりだったら全然違ったのかもしれません。

早々と負けた方がマシに見える選挙と言うのも・・・


日本は直接選ぶ訳ではありませんし、任期もきっちりしてませんから、安倍さんのようにすっげえ長くやりたい方はどうにでも規則を変更できますし、不人気なら選挙を前倒しもできます。

でもアメリカはそういうわけにはいきません。

まあ途中で辞任したり病気などで辞任はあるでしょうが最近の大統領では聞きませんし

でもまあ考えようによってはあの人が大統領になって、もし公言通りのことをやったとしたら、日本にとっては、日米同盟を客観的に見直すいいきっかけになるのかもしれません。
戦後日本は選択肢として日米同盟以外を考えることすらできなかった訳ですし。

今回の件をいいきっかけにして、それでもアメリカに付くもよし、自立防衛を目指すもよし、北方領土の件をきっかけに日ロ同盟を結ぶもよし、まあないでしょうが日中同盟を目指すもよし。少なくとも防衛に関して思考停止に近かった日本には一つのきっかけになるんではないでしょうかね。


それにしてもプーチンといい、ドゥテルテといい、トランプといい強気な人が流行りですかねえ。

日本もこうなったら麻生さんあたりに変えて見ますか。大臣も変なこと言う人今多いし。



まあしばらくはトランプフィーバーが続くんでしょうが、今年はイギリスもEU離脱がありましたし、はっきり分ったことは、いかにTVの自称評論家の意見があてにならないか、と言うことですね。あてにならないというか、国民の風を理解してないんでしょうね。


尤もイギリスもアメリカも国民の選択で、今後良い方に行くかは分らないんですが。

ちなみにどっちも若者の意見は結果と逆らしいですね。つまり中高齢層の意見で決まった、と。


ん?これ大阪の都構想の図式と同じ様な気が…

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://inakajukublog.blog72.fc2.com/tb.php/2846-dd23ebe6